水漏れの原因と修理の判断基準

水漏れの原因と修理の判断基準 家庭内には、さまざまな水回りが存在します。生活の中でライフラインと呼ばれている通り、水がなければ生活もできなくなってしまうためです。しかし、この大切な水が、時には大きな問題になってしまうこともあります。例えば水漏れを起こしてしまっている状況が該当します。水が漏れてきた場合には、原因を探して修理を考えていかなければなりません。生活に影響を与えてしまうことになりますし、もっと多くの問題に発展する恐れもあるからです。勢いよく噴き出しているのか、ちょろちょろと漏れているのかによっても違いがありますが、迅速な修理が必要になることは変わりません。水道代もかかるという現実的な問題も忘れてはいけないでしょう。

■止水栓や元栓を確認しておくこと

水漏れが起きる箇所は多岐にわたります。蛇口周りに関しては、特に起きる可能性が高くなります。水を出し、止める役割を持っているため、強い圧力もかかっています。レバーやハンドルから漏れてくることも珍しいことではなく、勢いよく噴き出すことも考えられます。修理の方法としては、いろいろとありますが、まずは水を止めるところからスタートをします。止水栓を締めることも必要ですが、はっきりと分からない場合には、元栓から締めてしまう方が確実です。日常からトラブルが起きる可能性があるので、まずは止水栓や元栓がどこにあるのかを知っておくといいでしょう。状態も確認しておけば、対処が素早くできるようになります。

■時間が経てば劣化は必然
水漏れが起きるということは、珍しいことではありません。水を使っていることによって、各部品は必ず劣化していくからです。部品が劣化すれば、思っているような性能を発揮できなくなります。水を止める、水を流すということもその一つであり、必然的に起きてくることです。劣化が進んでいくということは、トラブルを起こしてしまうということにつながるでしょう。蛇口などの末端も含め、10年経過してくると、トラブルは起こるようになると考えた方が自然です。突然水漏れが起きてくるのではなく、必然的に起きてくるようになります。期間的に10年が過ぎているような設備に関しては、点検を依頼して修理をしてしまうのも一つの対処方法です。大きなトラブルに発展する前に対応をすることは、より確実な対処方法となるでしょう。

■自分で直すことができる基準

水漏れを直すというのは、素人が簡単にできることではありません。水は本当に狭い隙間からでも漏れてきます。最初は気が付かないような程度であっても、時間が経てば大量の水量になってしまいます。水道代に換算すると相当な代金を捨ててしまっていることもあります。劣化という観点から考えても、漏れて道筋ができているということは、部品の摩耗を加速させる要因となるでしょう。非常に危険な状態になる可能性もあるので、確実な修理をすることが重要になってきます。自分で直せるようなものとしては、部品が取り外せるかどうか、原因が特定できるかどうかが判断材料となります。もしも自信がないようであれば、自力での水道 修理はやめた方がいいでしょう。専門的な知識も必要ですし、経験もなければできないので、無理をしないことも修理の大事なポイントです。

■まとめ
水漏れはどこにでも起きる可能性があります。何も珍しいことではなく、どこの家庭でも起きてくることです。焦点は対応策を考えておくかどうかです。必要な時に専門家に依頼できるようになっているかどうかも、対応策として重要になってくるでしょう。自分で無理をしながら直すことが唯一の方法ではありません。大きな問題になってしまうようなこともあるので、日常から対処方法を考えていくためにも、専門家に依頼をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース